10万円台で購入できる「お手頃な」高級腕時計9選【初心者】【おすすめ】

Pocket

どうも。SuSと申します。
いきなりですが、みなさんは腕時計に興味はありますか?

 

僕はあまり興味ないです。

 

…腕時計の記事の冒頭でこいつは何を言ってんだって話ですね。笑

ただ、そんなに興味はないんだけど、

 

  • 「それなりにいいやつ」は身につけておきたい
  • 人に見られたときに「おっ!」って思われるようなやつをつけたい
  • 決して腕時計(見た目)に無頓着ではないんだということを証明したい

 

そんなヨコシマな思いは持っています。笑
単純にいい風に見られたいんです。

 

ここを見ている方の中にも意外とそういう方っていませんか?
いや、いるはずだ。

 

人間、見栄を張ってなんぼでしょう。

 

この記事では、そんな方々におすすめできる「10万円台で買えるお手頃な高級ブランド時計」を筆者の独断と偏見でご紹介していきたいと思います。

10万台円と言えば、腕時計としては安い方なのかもしれないが、普通に考えれば大金だし、少なくともそれを持っているだけで「見た目に無頓着なヤツ」ではないことの証明になりますね。笑

最初はそんな思いで購入したんだけど、そこからどんどん時計にハマっていく人も多いみたいです。

なので、時計初心者でどれを選んだらいいかと悩んでいる方も、ぜひ参考にしてみてください。

ではいきましょう。

 

一応少しだけ予備知識

時計を購入する前に知っておくべきことがありますので、そこだけ簡単に押さえておきましょう。知ってるよという方は飛ばしてください。

 

機械式?クォーツ式?

腕時計を購入する上で、「機械式」「クォーツ式」というものがあること。これだけは知っておかなければいけないです。

まずは「機械式」

これはゼンマイを巻く必要があるタイプです。その代わり電池が必要ないので、電池交換を定期的に行う必要はありません。

ただし、パーツのメンテナンスで何年かに1度は見てもらう必要があるので、結局は手間とお金がかかります。

 

ロレックスとかだと1回のメンテに数万円だそうです。

 

「クォーツ式」とは「電池式」のことで、恐らく一番馴染みの深いタイプです。もちろん、電池が消耗すれば交換が必要となります。2~3年に一度、数百円~数千円と言ったところでしょうか。

 

じゃぁ機械式とクォーツ式どっちの方が良いんだ?

 

という話ですね。

機械式はメンテも大変で、一々ゼンマイを巻かなければいけないから面倒だという意見が多い一方で、「その面倒さが”愛着”に繋がるんだ」という意見もあったりするので、時計好きな方々は機械式を好む傾向があるような気がしています。

「手間がかかる子ほどかわいい」的なあれでしょうか。

個人的には電池式を好みます。楽なので。

 

機械式の方が「時計通」感が出るのは間違いない。

 

 

 

 

10万円台で購入できる高級ブランド時計9選

では、やっと本題に入りましょう。「ブランド力」、「お手頃度」の指標で評価します。

※ あくまでも、個人的イメージなので参考程度にお願いします。また、画像の値段は参考価格ですので、現在の値段は商品ページにてご確認ください。

 

画像をクリックしていただくと、商品の詳細ページへ飛びます。

 

オメガ

ブランド力:

お手頃度 :

オメガを持っていれば「おっ!」となることは間違いないでしょう。

ブランド力は申し分ないです。そんなオメガにも10万円台で購入できるものもあるんだよということで、この「オメガ デ ヴィル」という商品です。

定番の「シーマスター」もおすすめです。ピンキリですが、20万円くらいのものもあります。

オメガの他の商品ラインナップはこちらで見ることができます。
オメガ 腕時計

 

タグホイヤー

ブランド力:

お手頃度 :

タグホイヤーは時計玄人も好む時計です。このブランドも「おっ」となるはずです。オメガに引けを取らないブランド力で、値段もそこまで高価ではないので、グッドです。

個人的には、すっきりとした印象の「カレラ」というモデルがおすすめです。

ちなみに筆者もタグホイヤーを購入しました。

時計好きの人なら100%知っているブランドですし、間違いないはずです。

タグホイヤーの他の商品ラインナップはこちらで見ることができます。
タグホイヤー 腕時計

 

Montblanc(モンブラン)

ブランド力:

お手頃度 :

モンブランと言えば「高級ボールペン」とか高級文房具のイメージがあると思いますが、実は時計も扱っているんです。

この時計を身につけていれば、友達に「モンブランの時計なんてなかなかいかしているじゃねぇか」と思われること確実でしょう。

モンブランの他の商品ラインナップはこちらで見ることができます。
モンブラン 腕時計

 

チューダー(チュードル)

ブランド力:

お手頃度 :

このブランドはなんとあのロレックスと同じパーツを採用しているそうです。

というのも、ロレックスを有名するために生まれたのがこの「チューダー」だそうで、パーツは同じだけど、ロレックスよりも安く設定されています。

見た目も全然カッコイイのでこれはお勧めできる。

その時計何てブランド?

と聞かれたら「ほぼロレックスだよ」と教えてあげましょう。

 

逆にダサいか。笑

 

チューダーの他の商品ラインナップはこちらで見ることができます。
チューダー 腕時計

 

オリス

ブランド力:

お手頃度 :

クォーツ式は一切作らず、機械式のみを作り続けているスイスのブランドです。そのスタイルはかっこいいですよね。そういう部分も、ブランドの魅力の一つだと思います。

ブランド力もそこそこに、値段もそこまで高くないので、かなりお勧めできます。

オリスの他の商品ラインナップはこちらで見ることができます。
オリス 腕時計

 

ロンジン

ブランド力:

お手頃度 :

こちらもスイス製の歴史の長いブランドです。180年続いているそうで、これは時計メーカーの中でもかなり古い老舗です。

値段の幅が数万円のものもあれば、100万円を超えるようなものもあります。

デザイン的にも万人に好まれるブランドだと思います。

ロンジンの他の商品ラインナップはこちらで見ることができます。
ロンジン 腕時計

 

グランドセイコー

ブランド力:

お手頃度 :

日本が誇る高級腕時計です。もともとは「セイコー」の高価バージョンだったのが、最近、完全に独立したブランドとなったようです。

時計の精度にも定評があるみたいですね。

グランドセイコーの他の商品ラインナップはこちらで見ることができます。
グランドセイコー 腕時計

 

ハミルトン

ブランド力:

お手頃度 :

このページの中では最もリーズナブルなブランドです。なので、時計初心者におすすめですね。

リーズナブルだけど、ブランド力も決して低くはないはず。

結構攻めたデザインのものだったり、遊び心もあるので、カジュアルに決めたいブランドですかね。

ハミルトンの他の商品ラインナップはこちらで見ることができます。
ハミルトン 腕時計

 

シチズン

ブランド力:

お手頃度 :

こちらも国産です。セイコーよりも高級感は劣りますがお値段もその分かなりリーズナブルになっています。日本製の信頼もあり、手の出しやすいブランドです。

シチズンの他の商品ラインナップはこちらで見ることができます。
シチズン 腕時計

 

中古という選択肢もある

中古であれば、10万円台で購入できる幅が広がります。少しの傷くらいなら気にならないわという方なら、中古もありだと思います。

ただ、中古で腕時計を購入する際は、以下のような注意点があります。

 

メ○カリ等での個人間取引はしない方が良い

メ○カリヤ○オクで出品されているものは本物かどうかも定かではないですし、汚れ具合の指標も人によって違うためトラブルが多いみたいなので、たとえ「未使用」を謳っているものでも避けた方が良いです。

 

通販も極力避けた方が良い

楽天などの通販も正直、普通の家が事務所になっているような「お店もどき」が非常に多いです。なので、通販で中古を購入する際は実際に店舗があるような店を選ぶようにした方が無難だと思われます。

このページで紹介している商品のリンク先(THE WATCH COMPANY)は、東京に実店舗も構えているので通販で購入するなら、こういったお店が良いのかなと思います。

 

とはいえ、個人的には通販で中古を購入はあまりおすすめはしません。買うなら実店舗が無難でしょう。

 

傷が許容できるかできないかは実物を見ないと分かりませんので。

 

 

 

まとめ

10万円台で購入できる高級腕時計をまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

時計に特別興味はないけど、まぁまぁ良いやつをとりあえず1本は持っておきたいという方の参考になれば幸いです。

ちなみに僕は、次の1本としてIWCの時計を狙っています。シンプルですごくカッコイイんです。ただ、値段が40万円ほどします。

 

興味はないといいつつ、見てると結構欲しくなるんですよね。笑

ものすご~くお金に余裕があるときにでも買おうかな。

 

かつてそんな時期があっただろうか。

 

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です