ぼくのりりっくのぼうよみとかいう怪物

Pocket

ぼくのりりっくのぼうよみというアーティストをご存知だろうか。

僕は普段ロックばかり聞いているので他ジャンルには疎いのだが、アップルミュージックを徘徊していると
偶然発見した。

「ぼくのりりっくのぼうよみ」

何だこのふざけた名前は?
また変な名前で気を引いてやろうって輩か?

そんなことを思いつつ、紹介文を読んでいると「17歳現役高校生がデビュー」みたいなことが書いてあった。

現役高校生?

どうせどっかの事務所が話題性目当てで売り出して、実力が追いついてないパターンだろ。(←めっちゃ失礼)

どれどれ、聞かせてもらおうじゃないか。

星マークがついていた(アップルミュージックでは人気曲に星がついてる)「Be Noble」を聞いてみる。

…えっめっちゃいいやん。

声も良いし歌い方も独特で曲の雰囲気に合っている。何より17歳(後で調べると2017年現在は19歳)でこのメロディセンスと歌詞。化け物か。

えってかどこが棒読みなん?
めっちゃ感情的やん
めっちゃ表現力豊かやん
自分めっちゃ嘘ついてるやん

溢れる嫉妬から怒りが湧き出てきたが、曲が終わって冷静になったところで調べてみた。昔ラップの歌い方を練習していたところ、めちゃくちゃ棒読みだったらしくこの名前はそれが由来らしい。

そうか。最初から上手かった訳じゃなくて練習して上手くなったってことか。人間的部分が垣間見れてよかったよ。

まぁそれはいいとして、このお方の真骨頂は「歌詞」だ。色んな有名アーティストも称賛している。

「盤上に広がる森羅万象」とか普通の高校生で出てきます?1フレーズ1フレーズが胸にささるような、どこか寂しげのある

そんな歌詞だ。

 

SuS(サス)
僕もそんな歌詞が書きたい

 

…本当に17歳か?嘘だろ?いや嘘だと言ってくれ。本当は30半ばです。とか言ってくれ。笑

これまた調べてみると、なんと、小説も出しているらしい…

底知れぬ才能ですね。

米津玄師といいぼくりりといい、天才が次々と出てくる昨今。

うれしいような、悔しいような…
まぁ自分と比べること自体、お角違いではあるのだが…笑

なんにせよこれからも僕らをワクワクさせてくれるに違いない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です