ロックンロールを感じる個人的ゴリ押しバンド8選【オススメ曲】

Pocket

どうも。SuSと申します。

今回は僕が個人的に’ロックンロール’を感じる邦楽バンドをご紹介していこうと思います。

ロックと一言にいうと、バンプやアジカン等のポップ寄りのものからパンクやメタル、V系までかなり幅広い定義になりますが、「ロックンロール」というと、一般的にその中でも「荒々しいギターサウンド」、「反骨精神のある刺々しい歌詞」、「アンダーグラウンド感が漂う」みたいなバンド(曲)を指します。

 

かなり曖昧ですね。笑

 

音楽のジャンルって基本かなり曖昧なものなので、人によってもとらえ方に違いが出てきます。

なのでまぁ、単純に個人的に好きなロックンロールをひたすら上げていきます。

一応「グランジ」、「ガレージロック」、「オルタナティブ」的なバンドを選びましたが、統一感はあまりないと思います。笑

この記事で新しい音楽との出会いがあれば幸いです。

ではいきましょう。

 

 

個人的にロックンロールを感じるバンド

THEE MICHEAL GUN ELEPHANT

このブログで紹介するのは2回目です。やっぱりこのバンドはいつ聞いても色褪せないですね。

ボーカルのチバユウスケさんはThe Birthdayというバンドで活躍中です。

 

 

ザ50回転ズ

「ダサカッコイイ」。そんな言葉が似合うバンドです。この泥臭い感じは僕は大好きです。

是非他の曲も聴いてみてください。YouTubeにあまり曲がないのが残念ですが。

 

 

pegmap

刺々しいサウンドと歌詞はまさにロックンロールを感じます。下の曲が気に入った方は「ねーママ」という曲も是非聴いてみてほしいです。

解散してしまったのが、非常に残念です。

 

THE PINBALLS

ボーカルの声がカッコイイです。新しいガレージロックって感じで僕は大好きです。

じわじわと人気が出てきて、最近メジャーデビューしたみたいですね。

 

 

THE NOVENBERS

大学生の時に出会ったバンドなんですが、この曲を聞いた瞬間心を掴まれました。

このアングラ感。最高です。

 

BLANKEY JET CITY

ブランキーに憧れて音楽を始めたと言うプロのアーティストが一体どれだけいるのか。

伝説的カリスマバンドです。ボーカルの浅井健一さんはまだまだ現役で活躍されています。

 

KING BROTHERS

この曲を初めて聞いたときは、胸がゾクゾクっと来ました。

賛否はあるみたいですが、僕は大好きなバンドです。

 

 

Yellow Studs

「社畜」とか割と最近の言葉が歌詞に入ってたり、社会への反骨精神が感じられるバンドです。

曲も普通にカッコイイです。

 

HiGE

ダークな感じの中に絶妙なゆるさがある。それが妙に心地良いバンドです。

こういうロックもいいですよね。

 

 

まとめ

以上、僕が個人的にロックンロールを感じるバンドでした。

今後も随時更新していくので、また機会がありましたらよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です