個人的におすすめするキャッチーな邦楽パンクバンド14選【オススメ曲】

Pocket

どうも。SuSと申します。

この記事は、僕が個人的におすすめするキャッチーなパンクバンドの曲をご紹介していきます。

パンクバンドの曲の良さって、「難しいことは考えずに楽しもうぜ」的な’単純さ’にあると思います。

なので、「アップテンポで疾走感がある」、「単純なパワーコードがメイン」、「キャッチーで覚えやすい」この3つを軸に選んでみました。ジャンルで言うと’ポップパンク’とか’メロコア’とかその辺です。

パンクバンドの曲って無性に聴きたくなるときがありますよね。

 

もし気に入ったバンドがいれば、是非YouTubeなどで他の曲も聴いてみてください。

では、いきましょう。

有名無名、新旧問わずいきます。

 

 

キャッチーな邦楽パンクバンド14選

 

Hi-Standard

パンク好きでこの曲を知らない人はいない。そう断言できる程に有名な曲です。

各大学の軽音サークルに必ず一組はハイスタのコピバンが存在する説」を提唱します。

 

間違いない。

 

 

ELLEGARDEN

エルレの曲を聴いて「嫌い」なんて言う人はまずいないだろう。どう考えてもキャッチーでノリが良くて、また声がカッコいい。

2018年に遂にエルレが復活したので、嬉しい限りです。

 

定期的に聴きたくなるバンドです。

 

曲が始まるまで少し長いが、我慢してください。笑

 

Locofrank

とにかく明るい曲が多い印象です。この曲はモッシュ嫌いな僕ですらモッシュがしたい衝動に駆られます。笑

 

危ないから嫌いなんだけどね。

 

 

 

WANIMA

飛ぶ鳥を落とす勢いのバンドですね。2017年はドラマ主題歌にCM出演に大活躍でした。キャッチーで元気が出る曲は万人に受けするはず。現在、WANIMAを筆頭にプチメロコアブームが起こっていると勝手に思っています。

 

SHIT HAPPENING

まだあまり有名ではないが、過去に閃光ライオットという10代限定のバンドの大会でグランプリを取ったこともある実力のあるバンドです。キャッチーな曲が多いのでおすすめです。

 

ヤバイTシャツ屋さん

今やかなり有名になりましたね。CMに曲が起用されるなど、大活躍のバンドです。

好みは別れそうだが「何も考えずにテンションを上げたい時」には最適なバンドだと思います。

 

大学生のノリ」をテーマにした曲が多いです。特に関西の大学生にはハマるかも。

 

 

Nortern19

個人的には「Stay youth forever」という曲が一番好きなんですが、PVがなかったので次に好きなこの曲を載せます。

 

何となくノスタルジーを感じる曲調とPV。最高です。

 

 

Hawaiian6

この曲も超有名です。時間が経っても色褪せない曲ですね。今YouTubeで検索すると、セカオワが日本語でカバーしているのを見つけて驚きました。笑

Hawaiianファンからは批判されがちだが、僕的にはセカオワの色がちゃんと出ていて意外と良いなと思いました。

 

Hawaiian6は明るい曲ばかりではなく、ちょっと暗めで激しい曲とかもあるので面白いです。

 

 

ken yokoyama

ハイスタのギター横山健がソロで活動しています。ハイスタとはまた違った良曲が多いです。最近は、Mステに出たりとメディアへの露出も精力的に行っている印象。

 

こういうカリスマ的な人はどんどんメディアに出て欲しいですよね。

 

 

 

04limited sazabys

このバンドもWANIMAと同じく、今のプチメロコアブームを牽引しているバンドです。ボーカルのハイトーンボイスは聴いていて気持ちが良い。

 

ボーカルの見た目の良さから女性人気も非常に高いバンドです。

 

 

dustbox

個人的にはWANIMAぐらい売れてもいいんじゃないかと思っているぐらい、キャッチーな良曲が多いです。

売れるには曲の良さだけじゃだめみたいですね。

 

詩が英語だからかなぁ

 

 

SHACHI

「青春パンク」って感じですね。この曲は「ドラムマニア」っていうゲームに採用されたりもしているので、結構有名だと思います。ちょっと古い曲調ですが、良いメロディだと思います。

 

UNLIMITS

女性ボーカルのメロコアです。ここまで激しい曲の女性ボーカルって珍しい気がする。曲調は明るくはないかもしれないが、メロディアスでスッと入ってくる曲が多いです。個人的にはもっと人気が出ても良いんじゃないかと思っています。

 

そしてボーカルが結構美人です。

 

 

モンゴル800

このバンドは説明不要でしょう。インディーズながらアルバムを200万枚以上を売り上げたモンスターバンドです。

 

今の時代じゃ考えられないですね。

 

曲は言うまでもなく、キャッチーで歌詞も日本語なので分かりやすい。もし「小さな恋の歌」しか知らない人がいたら、他の曲も是非聴いてみてください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。やっぱりアップテンポな曲は聴いていてテンションが上がりますね。

今後も随時更新していきますので、よろしくお願いいたします。

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です