パンクっぽいギターの音作りと音源の比較

Pocket

こんばんは。SuSです。

DTMを始めたころは理想のギターの音がなかなか作れなくて結構悩んだ覚えがあります。

というのも、Logicの内蔵のアンプで何とかできないかと試行錯誤していたからです。

結局、有料音源を購入という形で少しは理想の音に近付けたように思うので、有料のギター音源を購入しようと考えている方の参考になればと思います。

今回は、パンクっぽいギターの音を目指し、Logicの内蔵のアンプ、Amplitube4、Waves GTR3の3つを使って音作りしてみます。

 

使用機材

使用機材>

オーディオインターフェース:UR242
ギター:EPIPHONE レスポールカスタム

 

 

目指す音

具体的に目指す音は、ポップパンクのような音です。普通にパワーコードを弾くだけの簡単なやつです。

例を挙げるならハイスタとかWANIMAとかのメロコア系ですね。

 

下で聴いて、「全然違うじゃねーか」という苦情は一切受け付けません。

 

 

ギター音源の比較

それでは、各ギターの音を比較してみましょう。

ギターの下手さはここでは突っ込まないで下さい。笑

 

Logic音源 「Custom Cabs」

まずはLogicの内蔵のアンプから。正直、Logicのアンプはどれも音が悪いです。笑

そんな中でも、これかなというものを選びました。「Custom Cabs」というやつです。これが聞いた感じ一番パンクっぽいかなぁと思いました。

アンプのパラメータはこんな感じにしています。

 

 

どうでしょうか。ちょっと物足りない気がしますね。

 

 

Waves GTR3

ではGTR3ではどうでしょう。プリセットのOverdriveを選んで、パラメータはこんな感じに設定しました。

 

 

Logicに比べると普通に良い感じですね。これだけでも全然使えそう。

 

 

Amplitube4

Amplitube4はRedpigを使いました。設定は適当にこんな感じです。

 

 

Waves GTRとはまた違う感じですね。AmplitubeはIK Multimediaのハード製品を購入すると、付属してくるパターンが多いです。

 

もうちょっと拘る

上の例は全て一つのトラックでアンプのつまみをいじっただけの音です。

なので、もう少し良い音にするために同じフレーズを録音したトラックを1つ増やしてステレオ感を出し、イコライザーとコンプレッサーを追加して再度聴いてみましょう。

トラックはコピーしたものだとステレオ感がでません。

 

微妙にずれた2つのトラックが重ることによって良い感じになります。

 

こんな感じで、PANを振ってRとLに完全に分けてやります。

 

Logic 調整後

 

だいぶ良くなりましたね。最悪これでいいかなぐらいにはなりました。笑

 

Waves GTR3

 

良いんじゃないでしょうか?ステレオ感があってパンクっぽいです。

 

Amplitube4

Wavesよりも少しこもっている感じがしますがこれはこれで使えそうですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

結論としては、手っとり早くパンクっぽいギター音を作ろうとした場合は、やはりWavesのGTR3かAmplitube4がいいと思います。

Logicの内蔵の音でもいけなくはないです。

あとは、イコライザーとコンプレッサー以外にもプラグインを使ったりすれば、よりいい音になります。

この記事で使用したサンプル音源はこちらより聴くことができますので、是非聴いてみてください。こちらではAmplitube4を使用しています。

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です