曲の盛り上がりを演出する「リバースシンバル」の作り方

Pocket

どうも。SuSです。

今回は、サビの直前に入ったりしていて、曲の盛り上がりを演出する「スーーーー」という音の作り方を書いてみます。

 

EDMなんかでよく聞くやつですね。

 

それが、タイトルにもあるように「リバースシンバル」と言われる音です。

一応、サンプルを載せておきます。

 

過去に書いたウィンドチャイムフィードバックなんかは擬音で表すと難しいんですが、これに関しては「スーーーー」という表現で伝わるんじゃないかと思います。笑

 

リバースシンバルとはその名の通り、シンバルを逆にしたものです。

作り方もいたって簡単なので、是非リバースシンバルを使って曲の盛り上がりを演出しましょう!

 

 

リバースシンバルの作り方

概要としてはこんな感じです。

リバースシンバルの作り方概要
  1.  シンバル(クラッシュ)の音をMIDI音源で用意する
  2.  オーディオファイルに変換する(バウンスする)
  3.  DAWの機能である「反転機能」を使う

 

シンバルの音は、MIDIで作る必要はありません。オーディオデータがある方は1,2を飛ばして下さい。

ここでは、Logic Pro Xを使って説明します。

 

クラッシュシンバルの音を用意する

まずは、クラッシュシンバルの音を用意します。

こんな感じで。

 

ここではBFD3の適当なシンバルを使いました。

 

 

注意点としては、シンバルの余韻までちゃんとリージョンに入れることですね。

Logicの場合はこんな風になっていたりすると、余韻部分がバウンス時にカットされてしまうので。

 

 

オーディオファイルに変換する

次はMIDI音源をオーディオに変換します。

Logicでのバウンスのやり方はこちらに詳細を書きました。

 

 

バウンスすると、こんな感じの波形になります。

 

音はこんな感じです。(普通のシンバルの音)

 

ちゃんと余韻部分まで入っていることを確認しましょう。

 

反転(逆再生)機能を使う

波形を反転させる機能は有名どころのDAWなら必ずあると思うので、やり方が分からない方は調べてみてください。

Logicのやり方は、インスペクタ画面に「逆再生」というチェックボックスがあるので、それにチェックを入れるだけです。インスペクタ画面はキーボードの「i」で表示できます。

 

チェックを入れると、反転できました。

 

音はこんな感じになりました。

 

これを任意の箇所にコピぺしたりして使っていきます。

 

シンバルの種類で変わるのか?

シンバルの音質によって変わってくるのか。ちょっと試してみようと思います。

 

アタック強めのシンバル

まずは上で試したやつよりアタック感が強めのクラッシュです。

 

これをリバースするとこんな感じになりました。

 

何となく、キレがよくなった気もする。正直大差はないかもしれないですね。

 

少し汚した感じのシンバル

もう一つだけ試してみます。

次は少し汚したというか、ディストーションがかかったような感じのやつ。(上手く表現できない)

 

これを反転すると、こんな感じになりました。

 

ちょっとアナログな感じの音な気がします。でも上と同様、大きな差はないかもしれないですね。

 

ミックスしてみた

おまけに、今までの3つをまとめてバウンスしたやつも載せておきます。

 

使用したクラッシュシンバルの3つは全てPANが微妙に異なるので、それがいい感じに合わさって、迫力が増した気がします。

 

RクラッシュとLクラッシュ、センターよりのクラッシュの3つを使いました。

 

 

まとめ

リバースシンバルはEDMだけでなく、ポップでもロックでも様々なジャンルで使用されているので、ご自分の曲が「何か盛り上がりに欠けるな」とか「アクセントが欲しい」といった場合に一度試されてみてはいかがでしょうか。

 

個人的にリバースシンバルを使っている曲で印象に残っているのは、X-Japanの紅のイントロですね。

 

僕もリバースシンバルを使った曲(記事冒頭に挙げたサンプル)を作ってみたので、是非聴いてみてください。

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です