UR242の使い方と接続方法【初心者向け】

Pocket

どうも。SuS(サス)と申します。

今回はオーディオインターフェース「UR242」の使い方をご紹介したいと思います。

僕自身、店員にごり押しされてUR242を購入したは良いもののどうやって接続したら良いんだろう。どうやって使うんだろう。など、使い始めるまでに意外と時間がかかった覚えがあるので、同じ悩みをお持ちの方がいれば少しは参考になるかと思います。内容は目次を参照してください。

では、いきましょう。

 

UR242の使い方

全体図を把握する

めちゃくちゃ下手な絵で恐縮ですが、こんな感じです。

一つずつ解説します。

 

パソコンと接続する

僕はMacを使っているのですが、特にドライバーをインストールした覚えがなく、USBに接続するだけで使えた記憶があります。

間違っていたらごめんなさい。付属CDまたは、下記公式サイトよりドライバーをインストールしてください。

https://japan.steinberg.net/se/support/downloads/ur242.html

UR242に電源とPCを接続したら、DAWがUR242を認識できているかを確認しましょう。UR242の電源を入れてDAWを立ち上げます。

UR242の正面のPowerランプが点滅から点灯に変われば、PCと接続できているはずです。

 

DAW側も確認します。僕はLogic Pro Xを使っているので、そちらでの説明になります。他のDAWでも似たような設定が必ずあるので探してみてください。

「Logic Pro X」→「環境設定」→︎「オーディオ」を開いて、

 

出力デバイスと入力デバイスが「Sterinberg UR242」となっていれば認識できています。「Sterinberg UR242」になっていない時は、プルダウンの中から「Sterinberg UR242」を選択してください。

 

「Sterinberg UR242」が選択肢にない場合は、認識できていません。しっかりと電源、USBが接続されているかを確認しましょう。

 

スピーカーと接続する

スピーカーが意外と手間取った記憶があります。というのも、どんなスピーカーにどんなケーブルを使えば良いかが分からなかったからです。なので、それを解説していきます。

スピーカーですが、「モニタースピーカー」と呼ばれるものを購入してください。例えば、こんなやつです。

これは僕も使っているのですが、コスパがめちゃくちゃ良いので、オススメです。この商品を元に説明します。
 
これは、片方のスピーカーにLとRにインプットがあるタイプなので、このような形のケーブルがいいと思います。
大きい2つの端子はUR242に、小さい方はスピーカーに接続すれば完了です。
 
  
 
スピーカーによってどの端子に対応しているかが異なるため、そこは必ずチェックしましょう。
 
別にくっついているタイプでなくても、「フォーン端子ーステレオミニ端子」のケーブルを2本使用しても全く問題はないです。
 
 
 
 

ギターと接続

ギターに関しては、あまり難しいことはないように思います。普通にギターとUR242をギター用のシールドで接続します。
 
ギターシールドに関しては、こだわった方が良いと思います。
 
 
音質にダイレクトに関わってくる要因だからね
 
 
ギターの録音方法についてはこちらの記事で紹介しています。
 
 
 
 

マイクと接続

マイクも難しいことはないです。

注意点としては、使用するマイクに応じて、録音方法と使用するケーブルが違ってくるということでしょうか。

簡単に言うと、こんな感じです。

コンデンサーマイク→︎XLRケーブル→ファンタム電源ON

ダイナミックマイク→︎LINEケーブル→︎ファンタム電源OFF

ボーカルの録音については、こちらで詳しく書いています。

 

ヘッドフォンと接続

ヘッドフォンもモニター用のヘッドフォンを購入しましょう。コスパが良いのはこの商品です。低音が良く聞こえると評判です。

 

個人的には、スピーカーについてはそこまで拘らなくても良いと思っているんですが、ヘッドフォンは少し拘りたい。

上にご紹介したaudio-technicaのやつでも全く問題ないんですが、やはり良いと言われているやつは本当に音のバランスがよく、個々の楽器が聞こえやすいです。

業界のド定番と呼ばれているのはこのSONYのヘッドフォンです。

 

ちょっと高いが、間違いはないはずだ

 

接続方法はヘッドフォン端子に挿すだけなので、簡単です。

UR242の良いところとして、ヘッドフォンのボリュームとスピーカーのボリュームが別々になっているところが挙げられます。これがすごく便利なので、ありがたく恩恵を受けましょう。

 

まとめ

今回はUR242の使い方ということで、UR242の接続の仕方メインになりましたが、追々UR242の付属のソフトDspMixFxを用いた録音方法なども記事にしようと思っておりますので、是非また見に来て頂けたらと思います。

 

個人的に曲も作ったりしていますので、下のボタンより是非聞いて下さい

 

以上、ご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です