DTMを始めてトータルで掛かったコスト(お金)を計算してみた

Pocket

どうも。SuSと申します。

僕がDTMを始めようと思ってから3年、本格的に始めてから1年程経つが、今まで機材やプラグインの購入に使ったお金がいくらぐらいになっているのか。

今までは怖くて計算していなかったが、勇気を出して計算してみることにしました。笑

失敗したものや使っていないものも含みます。値段は購入時のおおよその価格です。

これからDTMを始める方、機材やプラグインを購入する方の参考になればと思います。 

 

なるかは分からないが…

 

PC関連

項目値段目的・概要
MacBook Pro170000円最初はこれでやっていた(メモリ8G)
iMac230000円MacBookがメモリ不足のため購入
iPad Pro86000円動画の素材を作成するため
486000円 ー

 

PC関連だけで大分いっちゃってますね。笑

MacでDTMをやるためのPCの選び方についてはこちらで詳細に書いています。

 

機材

※項目を押すと、関連記事にジャンプします。

項目 値段目的・概要
オーディオインターフェイス
UR242
22000円PCに音を取り込む
オーディオインターフェイス
iRig Pro I/O
21000円付属のソフト目的(本体はすぐに売りました)
ヘッドフォン
(SONY)
16000円モニターヘッドフォン(より細かい音を聞くため)
ヘッドフォン
(audio-technica)
6000円モニターヘッドフォン
ギター
(フェンダージャパン)
86000円持っていたレスポールとは違う音が欲しかったため
ギターシールド8000円ギターをオーディオインターフェースに接続する
オーディオケーブル類10000円スピーカーを接続するためのケーブル
ダイナミックマイク
(audio-technica)
5000円ボーカルの声を録音する
コンデンサーマイク
(NT1-A)
22000円ボーカルの声を録音する
キーボード
(Casio)
10000円 弾けないが何となく。音の確認などに使用
 PAD
nanoPAD2
3000円 効率よくドラムを打ち込む
 MIDIキーボード
 i rig keys 37( IK Multimedia)
8000円 効率よくピアノまたはドラムを打ち込む
MIDIキーボード
MPK mini(Akai製)
10000円 使いにくかったためIK製にした
マイクプリアンプ
ISA One(Forcus Lite)
43000円 より良い音で録音するため
270000円 ー

 

ギターが1番でかかった。どうしても、テレキャスのジャキジャキした音が欲しかったので購入してしまいました。

 

 

ソフト

※項目を押すと、関連記事にジャンプします。

項目値段目的・概要
Logic Pro X24000円DAW
MOTION 56000円動画編集ソフト
WAVES Platinum Bandle60000円ミックスの定番ソフト集
Amplitube MAX40000円ギターの音を良くするもの
Omnisphere245000円定番ソフトシンセ
Trilian25000円リアルなベースを打ち込める
BFD321000円リアルなドラムを打ち込める
Humming bird20000円リアルなアコギを打ち込める
 WAVES C65000円 帯域ごとにコンプをかけれる
 WAVES Vocal Rider3500円 ボーカルの音量を均一にするため
 WAVES Center5000円 主に音圧を上げるため
 WAVES H-EQ5000円 イコライザー。気になったから購入
 WAVES Greg wells MixCentric3500円 ミックスの仕上げに。曲の印象が変わる
 WAVES Reel ADT3500円 ダブルトラックを作るため
 WAVES CLA Vocals3500円 簡単に良いボーカルの音にするため
 計270000円 -

 

WAVESのPlatinum Bandleが大きい買い物でしたね。後々確認すると、25000円くらいに値下げしていた時の衝撃は忘れることはないだろう。笑

 

書籍・撮影用

項目値段目的・概要
書籍もろもろ10000円ミックス関連とドラム打ち込み関連、動画関連
撮影器具20000円 マイクスタンド・カメラスタンド等
30000円

 

書籍は時間が取れず正直あまり読んではないが、ミックスの基礎みたいな本はやっぱり参考になりました。僕が参考にしたのはこれです。まぁでもこの本が必ずしも正解とは言えないと思うので、あくまでも参考に1冊くらいは読んでおくのが良いと思います。

 

合計

1056000円!

大台に乗っていましたね。約半分はPC関連ですが。

 

お金が貯まらない訳だ。

 

正直、別にだから何?って話なんですが、僕のようにほぼゼロから作曲を始めて、それなりのクオリティを求めたときは、これくらいの出費の覚悟が必要かもしれないってことです。笑

 

僕はとりあえず気になったら買ってしまうので、不要なもの多いと思いますが

 

もちろん、DTMを始めた当初はこんなに使う予定ではなかったです。

なんせ、Logic Pro XとギターとマイクとPCさえあれば自分の想像した曲が作れると思っていたので。笑

でも、いざやってみるとまず録音したギターの音の悪さに愕然としたり、打ち込んだドラムのショボさにやる気を失ったり、トラックを増やしていくとPCが重くなることが発覚したり、CD音源と比べて音圧が違い過ぎることにショックを受けたり…と問題が次から次へと出てきました。

それらの問題を解決するためには、お金を掛けることが一番手っとり早いと思いました。時間を掛ければ何とかなる問題も中にはあったと思うが、僕には時間がないので。笑

その結果、気が付いたらこうなっていました。

 

後悔は1ミリもしていません。

 

まとめ

この記事はただただ、今まで購入した機材・プラグインがいくらになっているかという確認でした。

今後もこの100万円をつぎ込んだ機材達を使って作曲していきますので、聴いていただけると幸いです。

 

そしてこれからも色々購入してしまうだろう

 

また、使用したプラグインとか機材はできる限り詳細にレビューしていこうと思いますので、そちらも是非チェックしてみてください。

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です